IoTってなに?

巷では、IoTという言葉が使われることが多くなり、セミナーやガジェットなどIoTという言葉を使えば、流行に乗っている感があります。

そこで、IoTについて私なりの解釈を記載させていただきます

まとめ
IoTはバズワード

  • 具体的にはいくつかの分野を一括りで「IoT」と言っている。
  • 将来的には「IoT」というざっくりした言葉ではなく各分野の
    言葉になっていくと思う

※独学での内容となっているため、内容に誤りが含まれている可能性があります。

スポンサーリンク

IoT?

Internet of Things の略で「モノのインターネット」と言われています。
いままで利用してきたパソコン・スマホなど以外のモノがインターネットを介して通信する仕組みや、いままでになかった事を実現することを指しています。

登場人物としては以下の3種類だと思っています。

①モノ(機器)

  • 家電機器
  • センサー(温度・人感・照度など)
  • マイク・スピーカ
  • カメラ・スマートキー
  • ロボット
  • その他・・・

②通信手段

  • 無線LAN(Wi-Fi)
  • bluetooth (BLEも含む)
  • サブギガ帯無線(宅内向け・屋外向け)
  • LTE
  • その他・・・

③サービス
上記の2つに関わるサービス。例えば・・・

  • モノ同士を連携させるためのプラットフォーム
  • センサーなどからの情報をビッグデータとして収集
    →人工知能などを利用して傾向分析・最適化
  • IoT用の無線通信のためのサービス(SIMとか)

どんな分野が含まれる?

屋内(宅内)・屋外、個人・法人向けとあらゆる分野の内容をIoTとして包含していると思います。
スマホと連携するおもちゃみたいなものから、法人向けのセンサーとIoT機器は幅が広く、モノだけなくクラウド上のプラットフォームを利用したIoTサービスもあります。

ネットでIoT関連でよくする言葉を独断で図にしてみました。

法人向けは勉強不足で内容が薄くなってしまってます。

今後は、IoT向けの無線の規格や、個人向けのサービスや面白いガジェット(機器)を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする