無線LANを快適にする(5GHz編)

前回、2.4GHzの無線快適化に引き続き今回は、5GHz(11ac/n/a)の快適化の方法をまとめてみました。

まとめ
  • 電波干渉より強度が弱いといったトラブルが多い
  • チャネルボンディングをOFFにしてみる
  • 無線中継器を導入してみる
  • ビームフォーミング対応機器を導入してみる
  • チャネルを変更してみる
スポンサーリンク

5GHzの無線が不安定となる原因

11acを利用したいとなると、5GHz利用が必須となるのですが、5GHzは2.4GHzと比較して、障害物に弱く、電波強度が弱く不安定となる場合が多くなることが多くなります。

逆に、5GHzは電波干渉には強く、電波干渉が原因となって不安定になるケースはほとんどないと思います。

詳細はこちらを参照してください。

2.4GHz帯と5GHz帯の違い
現在、PC・スマホで利用している無線LANには2.4GHzと5GHzの2種類があります 今回はそれぞれの違い・注意...

なので、電波強度をよくするための方法が5GHzでは有効となります。

チャネルボンディングをOFFにしてみる

電波強度を少しでも良くするために、速度は落ちてしまいますがチャネルボンディングをOFFにしてみましょう。

2.4GHzでは、電波干渉をしやすくなるため、初期設定でチャネルボンディングがOFFとなっているケースが多いですが、5GHzの場合は干渉がほとんどないため、チャネルボンディングの初期値がONとなっている場合が多いです。

OFFするとよくなる理由は以下を読んでみてください。

無線LANを快適にする(2.4GHz編)
無線LANの2.4GHz(11n/b/g)での通信を安定させるための方法をまとめてみたいと思います ※独...

無線中継器を導入してみる

お金はかかりますが、無線中継器を導入して電波強度を上げるとかなり改善します。

11ac対応の無線中継器も現在は多く出ているため、もし購入する場合は11ac対応の中継器を購入するとよいと思います。

無線中継器は以下のページを参考にしてください。

エリアを広げる無線LAN中継器
最近、各メーカが販売している無線LAN中継器について、まとめてみたいと思います ※独学での内容となってい...

ビームフォーミング対応製品を使う

最近の無線LANの機器では、通信相手の無線機器に対して電波を狙い打つ「ビームフォーミング」という機能をもった製品がでてきてます。

ざっくりとしたイメージは以下の絵のとおりで、狙い撃つことで濃い電波となり安定するといったものになります。

無線ルータをビームフォーミング対応の製品すると安定する可能性があるので、無線ルータを買い替えるときは、ビームフォーミング対応製品がオススメです。

ただし、無線子機もビームフォーミング対応している必要がありますので注意ください。

チャネル変更してみる

5GHzは電波干渉が少ないので、効果があまり見込めませんが、、、

無線の通信が不安定な場合に、他の無線ルータとの干渉が原因の可能性もあるので、チャネル変更すると効果がある場合もあります。

5GHz帯は、W52以外(W53, W56)はレーダー対策が必要となっているため、

  • 初期設定でW52(36ch, 40ch, 44ch, 48ch)しか利用しない
  • W52以外を利用して、レーダーを受信したためW52に退避された

といったことで W52 の 4つのチャネル(36ch, 40ch, 44ch, 48ch)が選択されやすくなっています。
(5GHz帯とレーダーの関係は別記事でまとめたいと思います)

周りが利用されやすい W52 を避けると、もしかしたら無線品質が向上するかもしれません

現在の、チャネルが W52(36ch, 40ch, 44ch, 48ch)であれば、

  • W52(36ch, 40ch, 44ch, 48ch)以外のチャネルに設定してみる
  • しばらく様子見し、レーダー検知で違うチャネルに移動してなければそのまま
  • レーダーを検知して違うチャネルになってしまったら、、、
  • 最初に設定したチャネルの HT80 選択チャネルを外して設定してみる

を繰り返してみると良いかもしれません

今回はここまで。。。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする