NFCで簡単無線LAN接続!

無線LANに接続する方法にはいろいろありますが、今回はNFCタグを利用した無線LAN接続する方法をまとめてみました。

まとめ
  • Android 5 以降のNFC搭載のスマホで利用可能
  • NFCにタップするだけで簡単に無線LAN接続できる
  • 無線LANのパスワードを伝えることなく利用ができるので安心
スポンサーリンク

ゲストへの無線LAN提供について

無線LAN接続方法はいろいろあります。

SSIDとパスワードを直接入力して接続ができますが、例えば自宅のお客様に対して無線LANを提供したい場合などに、メインで使っているSSIDのパスワードを伝えるのは避けた方がいいです。

理由としては、悪意のある人にパスワードが漏れた際に、

  • 家の近隣で勝手に接続して利用される
  • 無線パケットキャプチャされた際に、暗号化された無線パケットが複合化され、通信内容が見られてしまう

と、リスクがあります。

できれば、

  • メイン用で利用しているSSIDとは別のゲスト用のSSID設定する(無線LANルータに機能がある場合)
  • パスワードは伝えないで接続してもらう

といった対応をお勧めします。

パスワードを伝えないで無線LAN接続するためには、いろいろありますが、よくある方法ではWPSによる設定がありますが、こちらは、無線LANルータのプッシュボタンを押したりと、若干手間のあるので、Android 5 以降に限定されてしまいますが、今回はNFCタグを利用した接続方法をまとめてみます。

WPSについは過去にまとめましたので以下を参考にしてください。

プッシュボタンで簡単無線接続。「WPS」
今回は、無線LANの接続を簡単にする技術の一つ「WPS」についてまとめてみました。 WPSとは 端的...

NFCとは

NFC(Near Field Communication)は、「かざして通信」するための規格です。
アプリと連携してNFCタグにかざすことで、いろいろできます。

例えば、、、

  • NFCタグにかざすと。。。BluetoothをON
  • NFCタグにかざすと。。。特定のサイトを開く

といった感じでNFCにかざすだけでスマホの操作が可能になります。

例えば、冷蔵庫の取扱説明書のURLをNFCタグに記録させて、タグを冷蔵庫に貼ることで、取扱説明書が見たい場合は、冷蔵庫のタグにスマホをかざすだけで簡単に閲覧できたりといったアイデア次第では便利な利用方法があります。

NFCタグについても、1枚100円以下で売られており、それほどお金をかけずに利用できます

参考に購入サイトを記載します

NFCタグへ無線LAN情報を書き込む

まずは、SSIDとパスワード情報をNFCタグに書き込む手順を記載します

手順1.NFCをON!

私のスマホだと充電ケーブル接続状態だとNFCがONにならなかったのでご注意ください

手順2.無線LAN情報書き込み!

「設定」の「無線とネットワーク」→「Wi-Fi」を開く

NFCタグに書き込みたいSSIDを長押しして、「NFCタグに書き込む」を選択する

パスワード入力画面が表示されるので、SSIDへ接続するためのパスワードを入力する

セットアップ画面が表示されたら、スマホをNFCタグにかざすと書き込み完了!!

NFCタグを読み込んで無線LAN接続してみる

実際のゲストのイメージで一度、無線LAN設定を消してみて、NFCタグを読み込んでみます

手順1.NFCをON!

手順2.あとはかざすだけ!

簡単に接続できました!

今回はここまで。。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする