WordPress用のサーバにOracle Cloud Free Tier がお得!

 

2019年から展開されている「Oracle Cloud Free Tier」についてご紹介します。

実は、このサイトのWEBサーバもいままではGoogle Cloud Platform の無料枠「Always Free」を利用して構築していましたが、一部有料になりそうなので、「Oracle Cloud Free Tier」に引っ越しています。

まとめ
  • 2つのサーバを無料で利用できます
  • 登録時に以下のものが必要です
    • メールアドレス
    • クレジットカード情報
    • SMS認証があるので携帯電話
  • 2020年1月から3か月ほど利用していて今のところ完全無料で利用できてます

Google Cloud Platform の利用料金が改訂については以下の記事をみてください。

Google Cloud Platform の外部IPアドレス利用が有料になるかも!?
いままで Google Cloud Platform の無料枠「Always Free」を利用して WordPress を構築していましたが、外部IPアドレスの利用料金が改訂されて今後有料になるかもしれないです。 まとめ 利...
スポンサーリンク

Oracle Cloud Free Tier

データベースで有名なオラクルが提供するクラウドサービスの常時に無料提供するサービスです。マシンスペックは低いですが、2つ仮想マシンを構築できたりします。詳しくはこちらをご確認ください。

Oracle Cloud Free Tierを試す
Oracle Cloudの常時無償ティアにサインアップして、さらに多くのサービスの30日間トライアルに使用できる300ドルの無償クレジットを受け取りましょう。

これ以外に、初めての方は、無償トライアルもあります。マシンスペックは「Free Tier」よりも高いですが3,500時間の時間制限があったりします。

申込方法について

以下のサイトの「今すぐ始める(無償)」から始めてください。

Oracle Cloud Free Tierを試す
Oracle Cloudの常時無償ティアにサインアップして、さらに多くのサービスの30日間トライアルに使用できる300ドルの無償クレジットを受け取りましょう。

登録を進めると、クレジットカードの登録とSMS認証が必要になります。

SMS認証がうまくできない場合

携帯電話キャリアによってうまくSMSが届かない場合があるようです。

自分の場合はSMS認証のメールが届かなく、画面上にチャットで問合せがあったので、そちらでチャットで問い合わせしたら、認証の番号をチャットから返答ありました。

英語なので、日本語で問合せ内容をGoogle翻訳で英語にして、チャット問い合せしました。

チャット問い合わせしてすぐに返答ありました。

仮想マシンの構築方法などは、今後、まとめてみたいと思います。

今日は、ここまで。。。

【2020年5月3日追記】仮想サーバ構築までの手順を以下にまとめました!

Oracle Cloud Free Tier で仮想サーバを構築する!
「Oracle Cloud Free Tier」でWordPressに利用する仮想サーバの構築方法についてご紹介します。 まとめ SSHログイン用のSSHキーを事前に作成する必要があります 今回はTeraTermを...

コメント

タイトルとURLをコピーしました