読書:『心を整えるランニング』

スポンサーリンク

本の概要

心を整えるランニング』(ウィリアム・プーレン(著), 児島 修(翻訳)、ディスカヴァー・トゥエンティワン)は、ランニングとマインドフルネスを合わせた走り方の実践方法と、効果について説明しています。

こんな人にオススメ

  • マインドフルに興味がある人
  • 不安・ストレスから解放されたい
  • ざわついた心を整えたいと思っている人
  • ランニングするきっかけが欲しい人

全体まとめ・感想

本書のPARTⅡに、悩みなど目的別の実践方法も解説されている。読んでいるだけでも癒される内容なので、自身の改善したい内容をじっくりと読んでみるのがオススメ。

STEP3にライティングがあったが、自身の思いをアウトプットすることの重要性を再確認した。誰かに見せる必要ない自身の中身から出力することが重要。

気になった部分をピックアップ

マインドフル・ランニングとは

マインドフル・ランニングとは、自分自身と向き合って”今、ここ”に意識を向けながら走ることで、ストレスや不安から自由になる新しい走り方。

ランニングしながら、自分のペースで「今、ここ」を感じる。無理せず自分のペースでやること。挑むのではなく、自身を観察する感じでランニングする。

初めは1~2分でも良い。

マインドフル・ランニングの「3つのステップ」

私が考案したマインドフル・ランニングは、3つのステップで構成されている。

  • STEP1は「グラウンディング」: マインドフルネスの準備として自身を点検する
  • STEP2は「マインドフル・ランニング」 :  質問を事前に決めて、答えを考えながら運動する
  • STEP3は「ライティング」: 振り返り、内容や感想を記録する

二人で一緒に走る

2人で実践することで、人間関係が親密になる。また、観察してもらうことで視野が広がる。

パートナーは自分をさらけ出せる相手を選ぶこと。

ランニング中は、「話し手」「聞き手」の役割を決め聞き手は、聞くことに徹底すること、話し手は無理に話さず黙ることも問題ない。

やってみる

大切なのは「小さな変化」だ。小さな変化の積み重ねがやがて大きな効果をもたらしてくれる。

いきなり、無理にやらずできることからコツコツ初めて継続することが重要。1日の生活の中でどのタイミングで、どのくらいの内容ならやっていけそうか決めることがオススメ。


今日はここまで。。。

次回お楽しみに。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする