読書

読書

読書:『親子で読む ケータイ依存脱出法』

本の概要 『親子で読む ケータイ依存脱出法』(磯村 毅 (著)、ディスカヴァー・トゥエンティワン)は、子どもケータイ・スマホ・ゲーム・SNSの依存についての影響と、依存から抜け出すための必要性が書かれた本です。 (functio...
読書

読書:『日本が「世界一」を守り抜く戦略』

本の概要 『日本が「世界一」を守り抜く戦略』(パトリック・ニュウエル (著)、光文社)は、各ジャンルの著名人に2030年の日本に対するいくつかの質問の回答から、これから10年後に向けてどうすれば良いか書かれた本です。 (func...
読書

読書:『口下手のままでも伝わるプロの話し方』

本の概要 『博報堂スピーチライターが教える 口下手のままでも伝わるプロの話し方』(ひきたよしあき (著)、かんき出版)は、口下手のままでも相手に自分の思い伝える話し方や、話す前の準備の仕方や練習方法が書かれた本です。 (func...
スポンサーリンク
読書

読書:『勝間式超コントロール思考』

本の概要 『勝間式超コントロール思考』(勝間 和代(著)、アチーブメント出版)は、経済評論家の勝間和代が時間や生活などを自らコントロールして自由に暮らすための方法を説明された本です。 (function(b,c,f,g,a,d,...
読書

読書:『敵とのコラボレーション』

本の概要 『敵とのコラボレーション――賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法』(アダム・カヘン (著)、英治出版)は、賛同できない、好きではない人たちと課題解決に向けて前進させるための方法が説明された本です。 ...
読書

読書:『この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術』

本の概要 『この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術』(前田 めぐる(著)、青春出版社)は、SNSで相手が読みたくなる文章の書き方やSNSとの使い方や向き合い方などが解説された本です。 主にFacebookについて解説されてい...
読書

読書:『労働2.0』

本の概要 『労働2.0 やりたいことして、食べていく』(中田 敦彦(著)、PHP研究所)は、芸人・オリエンタルラジオの中田敦彦が、やりたいことをして働く、楽しいことをして働くための方法を解説した本です。 (function(b,...
読書

読書:『稼ぐがすべて Bリーグこそ最強のビジネスモデルである』

本の概要 『稼ぐがすべて Bリーグこそ最強のビジネスモデルである』(葦原 一正(著)、あさ出版)は、2016年にスタートしたバスケのプロリーグの「Bリーグ」の立ち上げまでのビジネスストーリーが説明された本です。 (functio...
読書

読書:『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』

本の概要 『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』(ふろむだ (著)、ダイヤモンド社)は、「錯覚資産」という武器を利用して人生を好転させる方法が説明された本です。 (function(b,c,f,g,a,d...
読書

読書:『天才を殺す凡人』

本の概要 『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』(北野 唯我 (著)、日本経済新聞出版社)は、世の中には「天才」「秀才」「凡人」の3種類の人間がいること、ビジネスにおいてこの3種類の人間たちの関係性がストーリー形式で説...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました